自分を安売りしない転職戦略授けます

「今の仕事がちっとも面白くない」
「給与が安すぎる」
「この会社の将来がまったく見えない」
「人間関係が悪すぎる」
「社風がまったく合わない」

あなたはこのような理由で転職をお考えかもしれませんね。

あなたが感じている不満は性別、年代問わず、おおかたの勤め人が日常的に考えていることです。そして転職の理由としても間違ってはいません。

しかし、何の準備をすることなく情報や知識も不十分のまま、勢いで会社を辞めて転職してしまうのは軽率なふるまいといえるでしょう。

あなたが本気で自分にぴったりの仕事を探すなら、あとから決断を後悔しないためにも「転職成功の打ち手」を押さえておく必要があります。

当サイト「転職の骨法」では、あなたが自分を安売りせずに仕事探しをしていただくための具体的なヒントを提供。

「骨法」という言うからには、転職を有利にすすめるためのサービスやノウハウもお伝えしますが、転職をゴリ押しするわけではありません。

転職をする/しないにかかわらず、あなたが立ち止まってこれからのキャリアプランを考えていただければ幸いです。

「実際のところ転職して年収アップするんだろうか?」と不安なあなたへ

年収アップイメージ

率直にお伝えします。転職後初年度から年収が大幅に上がるということは少ないと考えた方がいいでしょう。

たしかに転職に際して待遇面はゆるがせにできない要素ですが、だからといって目先の年収アップダウンにこだわると転職先企業の選定を大きく見誤ってしまいます。もっと広い観点から転職活動を進めていかなければなりません。

以下の記事では、あなたが持っている「転職の常識」をリニューアルしていただくヒントを提供します。

あなたは次の5つのうちどのタイプ?志向性別転職アドバイス

女性

「敵を知り己を知れば、百戦危うからず」・・・これは有名な『孫氏の兵法』の一節です。転職に踏み切るなら、自分のタイプを知っておいた方が有利に進めることができるでしょう。

以下のとおり、大きく分けて5つの志向性に分類されますが、あなたは自分でどのタイプだとお考えですか?

  • やっぱり高年収!ハイクラスタイプ
  • 大切なのは将来性!安定重視タイプ
  • 指揮するのが大好き!管理職タイプ
  • 会議より現場が好き!実務家タイプ
  • いずれは一国一城の主!独立タイプ

以下の記事では、5つのタイプ別に転職のアドバイスや活動前の注意点をお伝えしています。

20代にありがちな転職失敗パターンとは?

20代女子

「20代はがむしゃらに自分のやりたいことを追い求めていく」・・・この考え方はあながち間違ったことではありません。

しかし今の職場に対する不満だけで、退職届を提出してしまうのはいかかがなものでしょう? もしかしたらあとから後悔するかもしれないのです。

とくに20代にありがちな転職失敗のケースを学んでおくことで、冷静にキャリアプランを立てることができるでしょう。

以下の記事をチェックして、いまいちど転職に踏み出そうとしている自分の決断の妥当性を点検してください。

「35歳転職限界説」を素直に信じていませんか?

世間に広く浸透している「説」というのは、時代の変化とともに適宜修正したり見直したりする必要があります。「35歳転職限界説」というのもそのひとつではないでしょうか?

たしかに転職市場が活況といっても、採用企業は一人の生涯年収を考慮したうえで雇入れなければなりません。当然慎重にならざるをえないでしょう。

とはいえ、実際のところは「35歳以上」という年齢がもつ重みが、転職における強みになることもあるのです。

以下の記事では、ミドル世代のあなたが転職するために大切なポイントをまとめています。

転職したい40代既婚男性の前に立ちはだかる障壁……どうすればいい?

嫁ブロック

あなたは「嫁ブロック」という言葉をご存知でしょうか? とくに既婚者ミドル世代の男性が転職をちらつかせると配偶者に反対されることが多いのです。

すべての奥さんが旦那さんの転職に難色を示すわけではありませんが、転職によって毎日の生活が大きく変わってしまう可能性があるため、十分な話し合いをする必要はあるでしょう。

以下の記事では、転職検討中の40代既婚男性が絶対にやってはいけないことや、「嫁ブロック」を回避して理解と共感が得られるヒントをまとめています。

覚悟を決めた50代転職希望者のあなたへ……ネット転職でチャンスは倍増!?

50代転職

年功序列という言葉にまだなじみのある50代のあなたにとって、転職は相当な覚悟を要するでしょう。しかしきょうび、50代以上の転職は珍しいことではありません。

仕事探しを有利に進めるためにはやはり情報収集が決め手となります。限られた時間のなかでいかにして自分にマッチした好条件の職場をみつけるか……その打ち手となるのがネット転職です。

以下の記事では、転職エージェントと転職サイトの違いをまとめています。自分を安売りすることなく新たな活躍の場をみつけてください。

あなたのキャリアを真に深く厚みのあるものにする大切な考え方とは?

キャリアデザイン

ひとつの会社の中でキャリアを積み上げていきながら、一歩一歩着実に自分のキャリアアップをはかっていく……多くの人々にとってこれが職業人生における成功かもしれません。

しかし、低成長の時代においては職種の垣根を超えて、経験幅を広げていくことが自分の強みになっていきます。それがキャリアデザインという考え方です。

自分のキャリアを深く厚く広がりのあるものにするためにあえて転職を決断するビジネスパーソンも増えてきました。

以下の記事ではあなたのキャリアを真に実りあるものにするキャリアデザインという考え方についてまとめています。

女性に人気!転職に俄然有利になる資格とは?

キャリアウーマン

転職をするうえで最大の武器になるのが資格です。とはいえ、ただ資格を持っているだけではまったくもって意味がありません。

自分の経験やキャリア、そして採用企業に関連のある資格を取得することで、転職を有利にする武器になるのです。

今、女性のあいだで注目されているどんな資格なのでしょう? 以下の記事にまとめています。

転職するしないに関係なく、自分の強みを輝かせる考え方とは?

OL

性格上の欠点というのは誰にでもあります。しかしそれをうまく貢献的に活かさないと、あなたが潜在的に持っているパフォーマンスを開花させることはできません。

たとえ待遇面が良く、やり甲斐のある職場で働いていても、欠点に対するマネジメントがおろそかだと、いつしか仕事や人間関係が行き詰まり、空転していくことも。

以下の記事では、自分の欠点を強みや魅力に転換させるための大切な考え方について書いています。

転職を繰り返す「ジョブホッパー」、別に卑屈になる必要はありません……

ジョブホッパーイメージ

若い世代で転職を繰り返す人のことを「ジョブホッパー」と呼ぶそうです。一般的に、あまり良いイメージを持たれていないようですが、「転職失敗組」として決めつけるのはいかがなものでしょう。

転職を繰り返しながらも、自分らしいキャリア人生を歩む人も存在するのも事実ですから。

以下の記事では、転職を繰り返す人向けのキャリア立て直しに役立つヒントを提供しています。

転職前に必ずチェック!あなたの履歴書・職務経歴書・面接態度は大丈夫?

なんでやー

たとえ採用企業とあなたの相性がバッチリでも、あなたをプレゼンする仕方をハズしていると、残念ながら不採用となってしまいます。

逆に、採用企業との相性はそれほどではなくても、効果的に自分をプレゼンできるすべを心得ている人は、難なく採用を勝ち取ってしまうのです。

この違いはどこにあるのでしょうか?

採用担当者に「この人にぜひ会ってみたい」「この人と一緒に働きたい」と思わせるには、履歴書、職務経歴書、面接態度で自分を効果的に伝えることが大切です。

場合によっては自分の欠点でさえも人間的魅力としてアピールすることができるかもしれません。

そのためには、企業を採用したくない履歴書・職務経歴書・面接態度をしっかり押さえておきましょう。

「転職エージェントってよく聞くけど、登録したらどんな得があるの?」とお考えのあなたへ

キャリアウーマン

就職情報産業が提供するサービスとしてすぐに思いつくのが転職エージェントです。実際に転職に本気の人ほど、転職エージェントを活用して、堅実な転職活動をしています。

そう、堅実な仕事探しのために、エージェントに登録するわけですね。

転職するからには、可能な限り、自分のスキルを最大限に評価してくれる企業とめぐり逢いたいもの。そのチャンスを大幅に広げてくれるだけでなく、強力にバックアップしてくれるのが転職エージェントなのです。

何より主だった転職サービスは無料で登録できるわけですから、積極的に利用して転職を有利に展開させましょう。

以下の記事では、「転職エージェントって何してくれるの?」というあなた向けにわかりやすく解説してします。

「で、結局、どの転職エージェントがいいの?」というあなたへ

本気のあなたに報われる転職を!

転職エージェントには複数登録することで、転職チャンスを逃すことなく、好条件の求人情報を効率的に収集できます。

しかし、いくら無料で利用できるとはいえ、登録しすぎるのはよくありません。最初から5社、6社と欲張って登録したらどうなるか? あとで混乱して管理が難しくなるでしょう。

十分なゆとりをもって転職活動を進めるためにも、まずは3社くらいに登録しておくことをおすすめします。

以下の記事では、きめ細かな転職支援を受けることができる転職エージェントと、転職サイトをまとめました。あなたが本気ならきっと心強い味方になってくれるでしょう。

まとめ

いかがでしたか? スキルや経験は申し分ないけど、転職に関する基礎知識がないために、不採用になったり、転職を後悔したりする人は少なくありません。

ぜひ、「転職の骨法」の記事に目を通していただき、転職力を高めていただければ幸いです。

最後に申し添えておきたいことがあります。

どれだけ転職を有利にするためのノウハウを知っていても、そもそも、現職でベストを尽くして仕事をしていない人は、新しい職場に移ったとしても、自分の「負」を引き継いでしまうということです。

たしかに職場環境によって、自分を輝かすことができないということもあるかもしれません。しかし、どんな職場で働いていても、一定以上の外部評価というのは本人による自己評価よりも正確ということは言えます。

あなたにお聞きます。今の職場での、あなたの働きに対する外部評価はどれくらいでしょう?

転職活動を本格的にスタートする前に、「現職でどれだけの実績を積み上げることができたか」「自分の仕事に対する外部評価はいかほどのものか」、いまいちど精査することはけっしてムダなことではありません。

十分な時間をとって考えてみる価値のあることです。

当サイト「転職の骨法」では、真剣に転職を考えるあなたに役立つコラムを用意しました。一気に読みきれないと思いますので、「お気に入り」や「ブックマーク」に入れていただけたら幸いです。

Copyright© 転職の骨法 , 2019 All Rights Reserved.